輸入住宅とは海外の設計や考え方を日本で使用して住宅を建てること

サイトマップ

テーブル

輸入住宅の実態

美しい部屋

輸入住宅は輸入してくるもののため、本国で評判が悪くなるとたとえ日本で評判が良くても変更されたり、製造が中止になってしまいます。そのため古い仕様の製品だと修理しようとしても材料が本国にもなくなっていたりします。
また本国が寒冷地だったりすると高温多湿な日本の気候に合わず、塗料が剥がれたり、木が腐りやすかったりします。また日本の住宅の寸法と異なっているため、カーテンやすのこ、畳み、障子なども日本の寸法と異なっていて特注せざるをえなかったりします。ガラスが割れたりしても、ドアノブや窓の取っ手が壊れたりしても、そのメーカーのもの以外当てはまらなかったりしていちいちそのハウスメーカーのメンテナンスの人に持ってきてもらわなければなりません。担当のサービスマンが感じや態度の悪い人だったりすると最悪です。リフォームもメンテナンスもその会社でなければよくわからなかったりするので、他業者のヒトに多難でかえって変に修繕されて、そのメーカーのメンテナンスの人に来てもらわなければならなくなったことがありました。
そのメーカー以外の製品が使えない、ということは非常に不便です。そのメーカーの製品が使いにくいことがわかっても他社の製品を使うことができず、結局そのメーカーの製品を使い続けなければなりません。ペンキ一つとってもそのメーカーの製品が高温多湿の日本に合わないと思っても変更することができないのです。

TOP