輸入住宅とは海外の設計や考え方を日本で使用して住宅を建てること

サイトマップ

テーブル

輸入住宅を購入するときの注意点と特徴

ベッドルーム

住宅を購入するということは、当たり前ですが、その土地で長い間暮らすということです。また、一度家を購入すると住宅ローンを背負うことになります。大体の人は35年というとてつもなく長い間支払うことになっているかと思います。それほど家とは高価で大切で大事なものなのです。
■輸入住宅の特徴
日本では北は北海道、南は沖縄と地域によって気温や湿度も違います。ましてや、海外の住宅である輸入住宅とは家の建ってる条件もまったく違ってきます。最近ではほとんど無くなってきましたが、昔はよく外車は日本の湿度の高さに合わず故障しやすいというトラブルがあったことをご存知でしょうか?家でも全く同じ事が考えられます。特に海外の輸入住宅と日本の在来工法住宅とは歴史が違います。
輸入住宅はまだまだ日本に入ってきて、歴史が浅いのです。家の善し悪しや、不具合、耐久性などは、長い年月をたたねばわからないのです。ということは、その輸入住宅がその日本また地域にあっているのかは、これからわかってくるということです。輸入住宅は日本にはないデザインや耐久性など海外の住宅のノウハウが詰まっています。たとえば、寒いスウェーデンやカナダなどで作られた輸入住宅は寒さに対応したすばらしい家です。
以上のことから気温や湿気に似た地域の輸入住宅を選ぶのが良いでしょう。

TOP